最近の一日の流れ

赤ちゃんがいて時間に不規則ながらも、最近では何となく一日がうまく流れるようになってきました。生後3か月を超え、私も長女も赤ちゃんとの生活に慣れてきたのだと思います。(夫は帰宅が遅いので普段はいません)

大体朝は7時から8時の間に授乳をします。授乳を終え、長女の幼稚園の支度、洗濯ものを干します。洗濯は極力、一日休んで二日やる、という風にしています。洗濯をする日は量が増えますが、やらない日を作らないと疲れてしまうので。その後お風呂掃除やトイレ掃除、長女を幼稚園に送り、午前中は家のことをバタバタとやります。

午後からはのんびり赤ちゃんとお散歩したり、録画してあるドラマを観たりします。3時になると洗濯ものを入れ、畳み、長女のお迎えです。帰宅した長女とおやつを食べ、晩御飯の支度、夕食、お風呂、という流れです。これだけなのですが、リズムをつかむまでは結構苦労しました。あとはこのリズムを崩さないように上手に生活していきたいです。

津田沼で誰にもバレずにこっそり脱毛

へそ周りの脱毛

人の体の中心にあるおへその周りのムダ毛も意外に生えています。
夏になれば、海やプールに行ってビキニなどの水着になったり、へそ出しのファッションをすることが多くなりますよね。
その時にへそ周りのムダ毛の処理を怠っていたら恥ずかしいでしょう。

へそピアスをしている方は、普段からへそ周りのムダ毛の処理は怠ってはいないでしょうが。
水着などになってから、へそ周りのムダ毛に気づいても手遅れなのです。
男性は、女性のお腹の部分とかは、意外に見ているのです。

ですから、そんなことにならないように、普段からムダ毛はきちんと処理しておく必要があります。
モデルさんではないですが、いつ・どんな時でも、水着になれるくらいに体のムダ毛は、きれいに処理をしておきたいものですね。

へその周りは意外とデリケートですごく敏感です。
へそ周りのムダ毛の処理に、毛抜きを利用するのはすごく痛いですし、刺激が強すぎてお腹をこわすことがあります。

また、カミソリなどで剃っていると、だんだん濃くなってしまいますし、カミソリ負けしたりします。
脱毛剤で処理すると肌荒れを起こすことが多いのです。
とにかく、おへその周りはすごくデリケートな場所ですから、脱毛には十分すぎるくらい注意して行わなければいけません。

ですから、へそ周りの脱毛は、安心して任せられる脱毛エステサロンなどで行うことをおススメします。
費用はかかりますが、自己脱毛のたびにトラブルが起こるよりも、安全できれいになれるので良いのではないでしょうか。

立川の全身脱毛ランキング

痛みも肌荒れもなくツルツルに。ピュウベッロ表参道店

毎日のムダ毛の自己処理が億劫で脱毛をしたいと考えていました。冬の間はまだ良いのですが、夏が近くなるにつれ肌の露出も増え、ほぼ毎日手入れをしなければいけないのが面倒でしょうがなかったのです。ちょうどその頃、友人がピュウベッロで脱毛をしていてなかなか良いと勧められました。痛みが心配でしたが、痛みはとても少なく辛くないと教えてもらえたので、それならばと手始めに両脇を脱毛してみることにしました。コースは6回のコースで、毛の成長期に合わせての施術であるということを最初のカウンセリングで説明してもらい、実際無理なく通うことが出来ました。心配していた痛みもほとんどと言っていいほど感じることなく、たまにチクッとする程度で安心して施術を受けることが出来ました。終わった後の肌荒れなども全くありません。なにより施術の回数が進むにつれてムダ毛が減っていくのが目に見えて分かるので、それがとても嬉しかったです。無事に6回施術が終わった後は全く生えてこず、脇は今もツルツルのままです。機会があったら他の部位もしてみたいと思っています。

襟足の脱毛をしたい人へ!《カウンセリング前に知っておく事》

止まらない買い物

冬物セールは大好きです。この時期に、来年用の服を買いだめしています。

来年になれば確かに流行は変わっていくけれど、基本定番ものは何年も使い回せるものです。

なので、無地の普通のタートルとか、デニムとか、黒いパンツとかを買いだめするんです。

定番ものはよく着るので、膝が白なったり、毛玉が出来たりしてしまうので、買いだめするくらいでちょうどいいんです。

カーディガンとか、マフラーとか、そういうのもいいですね。

コートは新作を買ったので、それに合わせられる定番ものが欲しいなぁ。

後は、スキーウエアも欲しいんです。

これは、10年前に買ったきりなので、子供達とスキーに行くときに、古いウエアが嫌なんです。

最近のものは、ゆとりがあるけれど、昔ほどだぼだぼのものはなくなりました。

それなりに体のラインにフィットしていて、着たあとスッキリして見えるんです。

こいうタイプが欲しいなと思っています。

ウエアを買うと、帽子やネックウォーマーなども色を揃えて買いたくなるんですよね。

そうなると、買い物も止まらなくなりそうです。